実力によって評価をされる会社では、常に相手との競争の中で戦わなくてはいけません。

日給の高さというのはとても大事な要素
日給の高さというのはとても大事な要素

ビジネスの日給と組織の人間関係

実力によって評価をされる会社では、常に相手との競争の中で戦わなくてはいけません。そのために、ストレスも抱えることもありますし、中には辞めてしまう人もいます。ビジネスの世界では人間関係に悩む人が多く、それは社会人として初めて味わう、孤独を感じる人もいます。給料のいい会社ではそれだけ企業にとって、利益をもたらしてくれる人材を優遇しますので、日給換算でいえばかなりの高給取りもいます。日給で5万円もらっている人は、それだけ企業にとって利益を出している人間であり、今の実力社会ではそう珍しいことではありません。

しかし、気をつけたいのは、最初にいった人間関係になります。組織が大きければ大きいほど、そういった人とのコミュニケーションによって、組織の動きというのが左右されます。例えば営業などの仕事をやっていると、直接の交渉相手とはいい人間関係を築けて、コミュニケーションもとれているが、自分の上司とはうまくいっていないという人もいます。こういった人は、やはり上司から疎まれることもありますので、会社内で上手くいかない人もいます。なるべくならば、社内の人間関係を円滑にして、そしてビジネスでも活かしていくことです。